復縁=未練がましい?

晴れてナースになる直前に

私の姪っ子は、小さい頃からナースになると語っていました。小学生の頃は、まだひいあばあちゃんが生きていて、おばあちゃんが介護をする様子を見たり、手伝ったりしていたのが大きかったと思います。


中学生になっても、夢はナースで、高校は看護科に進みました。佐賀市 看護師求人募集も探してました。その高校は自宅から少し遠かったのですが、電車とバスを乗り継いで通いました。夏休みと冬休み、春休みには老人ホームでアルバイトをして、お年寄りのお世話をするのは面白いと話していまいた。


高校も卒業式が迫り、学校では「戴帽式」も終わりました。その時の記念写真をもってきて、私にも見せてくれました。白いナース服に身を包み、微笑んでいる姪っ子のうれしそうな姿がありました。


宝塚市 看護師求人募集を探すならこちらから。


ところが、卒業寸前、学校をやめてしまったのです。驚いた私は、いじめにでもあったのかと疑いました。すると、自分から退学を申し出たそうで、悩んだ末、看護婦になりのを諦めたということでした。残念と思いながら、本人の決めたことだからと納得しかけたのですが、理由を聞いて、もう一度ぶったまげました。


ハローワークにないナースの求人情報なら厚木市 看護師求人募集で探せます。


「血を見るのが怖い」


いやあ、そんなこと、もう少し早く気づこうよと思いましたね。