復縁=未練がましい?

税理士試験は電卓との戦いでもある


税理士試験には計算問題がない試験科目もありますが、たいてい計算問題があります。金額としてはかなり大きいものになるので、電卓の使用が可能となっています。試験を受けたことがない方なら、それはありがたいことだと思われるかもしれませんが、実はそのようなことはありません。試験の問題数が多いので、電卓は早く打てる必要があります。そのため、受験生は電卓を打つ力も伸ばす必要があるのです。

また、試験中においては、他の受験生の電卓をたたく音にも注意が必要です。試験中にしゃべって良いなんてことはまずないでしょう。そのため、試験中というのは通常静かなものです。ですが、税理士試験の場合、電卓を打つ音が至る所から聞こえるので、静かであるとは言えません。早く打てる人がいたり、同じタイミングで打ち始めて競争みたいになってしまったり…。他人の電卓音に惑わされず、焦らないで自分のペースで打って下さい。もちろん早く打てることに越したことはないのですが。

インターネットで探す税理士 名古屋ならこちら。